公開履歴
笑顔の医者

人々の怪我や病気を治す医療は世界中で進歩しています。
19世紀には手術で麻酔が使われるようになり、20世紀前半では血液型が個人によって違うことが分かり、ジフテリアや破傷風などの感染症対策ができるようになりました。
1971年には当時のアメリカ大統領であったニクソンが、生活習慣病を治す薬を作るように呼びかけてガンと戦うことを宣言しています。
糖尿病や高血圧など大きな成果を上げた薬は結局出ませんでしたが、生活習慣病を医薬品で治すという姿勢は現在でも引き継がれています。

例えば、生活習慣で高齢になるにつれてリウマチなどの関節疾患が現れる場合があります。
骨や関節が破壊されるため寝たきりの状態になる難病と言われていましたが、セレコックスなどの関節炎の鎮痛剤によって緩和できるようになっています。
身近な生活習慣病は医薬品で症状を抑え、改善することができるようになってきています。

様々な治療薬の開発が進む中、次に21世紀の医療では遺伝子に注目しています。
ヒトゲノム解析ができれば、遺伝子疾患の原因や治療法が分かり、人間の起源や生命科学、バイオ技術などあらゆる方面で使えると考えています。
現段階では人間の遺伝子が25000種類のセットで構成されていることが分かっています。
これからはその一つ一つの作用について研究することで、病気を根本から向き合い医療をさらに発展させます。

しかしヒトゲノムを応用すれば、人為的に命を作ることもできます。
これはキリスト教が重視する聖書では認められていません。
このように医療が進歩すると倫理観の問題が発生します。

人工呼吸器が発明されると、脳死状態が人の死として受け止められるようになります。
しかし死の定義は様々で、心臓が停止することが人の死であるなどの意見が出ました。
最初は脳死を人の死と考えられない人は、保守的で時代遅れだという風潮がありましたが、脳死の研究が進むにつれて脳死が人の死でないことが分かっています。
しかし脳死にならないと臓器提供はできないので、脳死を人の死と見なした方が都合の良い人たちが存在している面もあり、人間の倫理観が医療の進歩に追いついていない状態です。

記事一覧
病院のベッド

キウイは標準的に食べられているフルーツでとてもおいしく、また美肌などの効果もあるとされていることから...

病室

拡張型心筋症などで重度の心不全となった患者さんは、人工心臓で命を繋ぎ、心臓移植主日を受けるしかありま...

女性の医者

医療という全体で捉えるのならば、最も簡単な病気に対する医療と最も重い病気に対する医療に関してはほとん...

人気記事一覧
サイト内検索